上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ゲームブログ 三國志Onlineへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】
思っているだけじゃ、ダメなんです!

羅山です。


弱小な蜀ですが、自分でも何かできることはないかと考え、
まずは合戦で連合を組めるように勧誘するところから始めています。
前回の合戦では部曲メンバー8名から始まり、最終的には17名まで
集まって合戦に臨めました。

結果はまだまだついてきませんが、千里の道も1歩から。
少しずつ頑張っていこうと思います。

これから新しいアップデート等も実装され、今までのやり方では
更に通用しなくなるでしょう。
新しいことを思いついたら即実行!
にほんブログ村 ゲームブログ 三國志Onlineへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】
スポンサーサイト
今回もレベルキャップはなさそうです(´・ω・)(・ω・`)ネー


羅山です。


しかし、今回のコーエーはちょっとがんばりました。
おそらく以前にとったアンケートを基に更新したのでしょう。
公式はこちら↓↓↓
http://www.gamecity.ne.jp/sol/developer/updatenews_080619.htm

部曲としては、新PDと関の合戦は興味深いです。

中でも、関。

関”は「三国志」に登場する“虎牢関”や“函谷関”といった有名な関をイメージしたマップで・・・
というくだりから始まる文章ですが、今の蜀には厳しい仕様。

なぜなら・・・(ry


それは他国の皆さんが、一番よくご存知のはず。
あえては申しません。


しかし!このまま大人しくしている蜀ではありません。
我がガンダーラでも出来る限りの行動をし、蜀をいい方向に
進めていければと思います。

皆さんの力添えがあればこその「合戦」

読んで字の如くです。がんばりましょうね!
にほんブログ村 ゲームブログ 三國志Onlineへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】
残念ながら馬の話ではありません (´・ω・`)


羅山です。


先日はメンバーの友人つながりで魏と人と部曲戦を開催しました。
まずは土曜日に定期的に開催できていることに感謝です(・人・)

さて、結果的には大敗だったのですが、そこで受けたのが

ディープインパクト

蜀同士の部曲戦にはない精度の高さにびっくり。
もし、魏国みんながこのレベルだとすると、合戦で勝てないのも頷ける。

しかし、衝撃ばかり受けている場合ではありません。
蜀を強国にさせるにはまずは自らも強くならなくては。
今後も紅白戦で訓練をつまなければなりません。

飽きてる場合ではなさそうです。

※追伸
  最近軍略で人が少なくなっているのが気になります。
  三国志自体の人口も減ってはいるみたいですが、
  残念でなりません。

  もしですが、今見ているあなたの部曲が解散してしまい、
  三オンどうしようかな、辞めるかな・・・と思っているあなた。

  最後にガンダーラで希望を見出してみませんか?
  きっと楽しい日々が戻ってくると思いますよ!
にほんブログ村 ゲームブログ 三國志Onlineへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】
2008.06.09 後衛も・・・
案外やるもんです。


羅山です。


最近普通の合戦に飽きてきた羅山は他の人がやらないことに
チャレンジしてます。

それは「丹陣形」

必要だけど、やってる人は実は少なくない?(ぇ


蜀で負ける原因は連携もさることながら、みんなが同じことしかしていないのも
原因じゃないかと思ったり。

みんながみんな槍と双じゃ勝てるものも勝てない。
盾とか、弓とかあまり人口見ないけど、戦い方は色々ある。


あ、それと今日初めて合戦で連合勧誘をやって10人強集まりました。

人数が固まるだけで、随分違うものです。
次はSSも張れるようまた試して見たいと思います。

心の壁を取り払い、勝利を掴みたいものですね。
にほんブログ村 ゲームブログ 三國志Onlineへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】
2008.06.08 惨憺たる結果
こりゃ、ねーよ・・・


羅山です。


最近停滞気味の3ONですが、合戦において、特に昨日は蜀に至っては
なんという体たらく。もはや合戦の体をなしていませんでした。

おそらく原因は各部曲ごとの規模が小さいものが乱立し、それらの
連携が皆無なこと、旗振り役がいない&いても負けると叩かれるのが問題なのでしょう。

とはいえ、じゃあ改善策て何よ?と言われると結局誰かがやってくれるのを
待つのではなく、部曲を立ち上げた時と同じように自ら行動しなければ
何も変わらないという現実だけなのかなと思いました。

蜀の国民でも諦め、他国へ亡命するのではなく、蜀で勝ちたいというという有志も
多くいると思っています。

これからは合戦上で連合勧誘をすることも多いと思いますが、何卒ご容赦のほどを・・・
全ては蜀に勝利をもたらすために。
にほんブログ村 ゲームブログ 三國志Onlineへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。